展示村

伝統民俗館

朝鮮時代後期の農村の生活の様子と伝統生活文化が一目にできる
伝統民俗館

伝統民俗館では、朝鮮時代後期の京畿道龍仁の農家の4代家族の生活を四季と24節季を中心として、生から死までの一生の儀礼をリアルに演出・展示しています。伝統民俗館は韓国の伝統文化をより容易に学び、体験することができる展示館で、観覧客に愛されています。

マップ

世界民俗館

世界各国の生活文化を展示した世界民俗館

2001年9月22日に開館した韓国民俗村の世界民俗館は、9棟の常設展示空間で構成されています。五大洋と六大州で収集した3,000点余りの文化遺産を保有しており、各文化圏ごとの展示館で各国の衣食住、生業技術、そして文化芸術が見れます。

マップ

タルチュ厶(韓国の仮面舞)展示館

笑いとユーモアがある多様な仮面と、各地域の仮面舞のストーリー

韓国民俗村の仮面舞展示館では、各地域の仮面舞についての説明と、鳳山仮面の舞や北青獅子ノルムなどの多様な仮面舞の様子をジオラマ(縮小模型)で制作し、リアルに展示しています。また、展示館の入口では各種の仮面をつくる職人の姿を見ることができます。

マップ

甕器生活館

先祖の真心と知恵が込められた生きている器、甕器のストーリー

韓国民俗村の甕器生活館では、先祖の知恵がうかがえる甕器が1ヶ所で見ることができます。三国時代からつくられてきた甕器は、韓国の先祖の伝統生活と密接に関連して多様に使われてきました。そして、民画や模様などの芸術美まで感じられる作品です。自然そのままの余裕と豊かさを秘めた甕器を直接につくってみることができる甕器体験館もあり、家族や団体、また外国人観光客が好む場所です。

マップ
伝統民俗館
close
世界民俗館
close
タルチュ厶(韓国の仮面舞)展示館
close
甕器生活館
close
top